スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

りんごの「目」

P1290065.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

昼休みに散歩をしていると、何かに見られているような視線を感じた。
ふと見ると、道の脇にあるりんごの木の幹に「目」がついていた。
葉が生い茂り、実がたわわになっているような時期は気づかなかったが、
幹と枝だけになった今の時期のりんごの木は、生々しいというか、
ただの「木」ではない妖しい雰囲気がある。
(2007年1月30日撮影)
スポンサーサイト

| 見つけたもの | 00:02 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ソーセージづくり【燻製編】(1/28)

今日は、先週日曜日に会社の先輩の家で造った(腸に詰めた)ソーセージを燻製した。

本来ならば【腸詰め編】の続編としてこの【燻製編】を取り上げるべきなのだが、腸詰め作業の時は詰めるのに必死で写真を撮るどころでなかったので、今回はご紹介できない。
いずれ機会があれば、腸詰めの模様もご紹介したい。

P1280012.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

腸詰めの後しばらく時間をかけて乾燥させ、ボイルした後の状態。
水気を切って軽く乾燥させる。

P1280005.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

段ボールの空き箱とバーベキューの網を利用した、手製の燻製器。
いずれは本格的なものを造りたいが、今はこれで十分。
ブロック状に固めてあるサクラのウッドチップを燃やして燻製する。

P1280035.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

燻製が終わった直後の状態。
このように貧弱な設備でも、結構しっかり燻製できる。

P1280036.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

燻製してあれば、しばらくは保存がきく。
とはいえ大量に造ったので、一部は冷凍保存する。

P1280062.jpg
E-1 /Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25

今日はグリルで焼いたものと、スープの2種。
ボイルの時に使った湯も、余計な油分とアクを漉して、スープの素として賞味できる。
粒マスタードとビールは欠かせない。
いただきま~す。

| その他 | 22:54 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

GUINESSな夜

P1262078.jpg


P1262091.jpg


P1262108.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 1.4/50

ふだん飲みに行くことはあまりないのだが、この日は会社の送別会があったため、仕事のあと市内へ出た。(先週も別の飲み会があったが、2週続くのはたいへん珍しいこと)
二次会で、松本市内のIRISH PUBへ。この店は4回目くらいだが、できたときは松本にもようやくこういう店ができたかと感激した。
GUINESSを味わいながらぼぉ~っとするひととき。この瞬間、心はIRELANDへ飛ぶ。
(2007年1月26日撮影)

| その他 | 21:55 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

志賀高原へ(1/26)

P1262018.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

蓮池・志賀高原自然保護センター裏の駐車場より。
飯縄山(手前)と北アルプスを望む。

P1262012.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

上の写真と同じ場所から、ややアップで。
左から、鹿島槍、少しおいて五竜、そして唐松岳。唐松からやや右の手前に延びる八方尾根の大きさがよくわかる。

P1262027.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

信大志賀自然教育研究施設より

--------
仕事で志賀高原へ。
昨シーズンとはうってかわり、この冬は本当に雪が少ない。
湯田中のあたりの平地では、わずかに雪が残っている、という程度。
高社山も、ふだんより白さが薄いような気がした。

さすがに志賀高原にはそれなりに雪があるが、雪質はどうなのだろう?
ハイシーズンだが、平日ということもあってスキーヤーはまばら。
場所によってはリフトに行列ができていたが、よく見たら修学旅行生だった。
いいなぁ、滑りたいなぁ、という気持ちがフツフツと・・・。
(2007年1月26日撮影)

| 空もよう | 21:35 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

朝の霜(1/26)

P1262004.jpg


P1262007.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

今朝の松本の最低気温 -6.0℃
空は数日ぶりに晴れ渡り、北アルプスは白馬方面までくっきり見えた。
(2007年1月26日撮影)

| 見つけたもの | 21:18 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

今日の空もよう(1/25)

P1251973.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

朝8時頃は、こんな感じだった。
比較的雲が多く、日が昇ったもののすぐに雲に隠れてしまう状態。

P1251988.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

昼時に外に出てみると、雲一つない快晴。
右奥は、美ヶ原・王ヶ頭。
頭上に月が出ているのだが、この写真ではわかりにくい。
(ローパスフィルターについたゴミではないので、念のため)

| 空もよう | 22:58 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

干し柿

P1241966.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

昼休みの散歩で見つけたもの。
今日は民家の軒先に吊り下げられた、見事な干し柿を見つけた。

P1241964.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

わらを縄にして吊り下げてあるところが、なんとも渋い。
それにしても、美味しそうだ。

| 見つけたもの | 22:51 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

犀川べりでの日の出

P1201873.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 2.8/25

日の出ころ、光城山の上の空が、かすかに赤く染まった。

P1201880.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 4/300

犀川のたもとより、赤く染まる鹿島槍ヶ岳を望む。

P1201887.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 4/300

同じく、白馬三山(左より、鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)。
低山の向こうに雪山がそびえる様は、ネパールの景色を思い出させる。
(2007年1月20日撮影)

| 空もよう | 19:46 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

白の世界(2)

P1101635.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 1.4/50

下の写真と同じ日に撮影。
数日前に降った雪は厚く積もり、見慣れた景色も一変。
梓川の上流の方から流れてきた霧に、土手の上の桜の木も包まれようとしていた。
(2007年1月10日撮影)

| 空もよう | 22:08 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

白の世界

P1101611.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

ひどく冷え込んだ朝だった。松本の最低気温、-9.3℃。
ところどころ、極めて局所的に霧が発生していた。車で走っていると、ぽっと霧の中に飛び込み、ぱっと抜ける、というような。広範囲が霧に包まれる秋の霧とは違うタイプのようだ。
(2007年1月10日撮影)

| 空もよう | 23:07 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ごあいさつ

初めまして。「空・雲・風」へお越しいただき、ありがとうございます。

このブログでは、私 itadori が、日常目にした光景を写した写真をご紹介します。
普段の生活の場が信州・安曇野のため、その周辺の写真が多くなると思いますが、時折全く違う場所も出てこようかと思います。
また、空の表情が好きなので空もようの写真が中心ですが、それだけにこだわらず、いろいろな光景をご紹介したいと思っています。

気が向いたときにでもお越しになり、ご覧いただければと思います。
よろしければ、感想なりをコメントしてください。
励みになりますので、よろしくお願いします。

| お知らせ | 22:36 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年12月 | バックナンバー | 2007年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。