スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

小雪舞う日

P2281059.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

先々週と同じように、低気圧の通過とともにダイナミックな雲の動きが見られた。
朝起きたときは雨が降っていたが、職場へ出かけてみると時折小雪が舞う天気。
昼頃になると北アルプス山麓の雲がとれ、木々が雪化粧をしていた。
今日で2月も終わり。冬の実感が乏しいまま、本格的な春が近づいているのだろうか。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 空もよう | 23:48 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

柏原の木、再訪

2/20に樹影を撮影した穂高・柏原の公園に行ってみた。

P2250999.jpg

P2251003.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

1枚目の、2/20の夕方にシルエットを撮影した大木は、とりげもさんによるとエノキではないかという。
私には何の木なのかわからない(汗)が、のびのびと枝を伸ばしたその姿は一目で好きになった。
明るいときも見たいと思って、本日訪ねた次第。
柏原の木というのは、正確な名前がわからないので仮にそう呼んでみた。
今日は、高気圧に覆われて空が澄みわたり、久々にすっきりとした北アルプスの眺めが楽しめた。
こういう日に山へ行った人たちは、さぞかし素晴らしい眺望を堪能したことだろう・・・。
(2007年2月25日撮影)

| 見つけたもの | 21:48 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

ひょっこりと

土の中から顔をのぞかせたフキノトウが、早春の雨に打たれていた。

P2230958.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
(2007年2月23日撮影)

| 見つけたもの | 23:57 | コメント:0 | trackbacks:1 | TOP↑

リンク追加のお知らせ

とりげもさんの「草木花の写真帳」にリンクさせていただきました。

とりげもさんは植物をこよなく愛し、その愛情がにじみ出るような写真を撮影されていますが、最近は日の出の情景など新たな境地も開拓中のご様子。楽しみです。

| お知らせ | 22:56 | コメント:1 | trackbacks:0 | TOP↑

今日の空もよう(2/20)

P2200861.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
朝、城山を望む。

P2200902.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
夜、常念岳をバックに浮かびあがる樹影。

忙しい日常でも、ふと目にした光景にカメラを向けることのできる贅沢。
そんな心のゆとりは、失いたくないものだ。

| 空もよう | 00:04 | コメント:3 | trackbacks:0 | TOP↑

春の妖精

P2170757.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

≫ 続きを読む

| 見つけたもの | 20:53 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

春の嵐

P2150710.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

P2150712.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

低気圧が通過した後、強烈な北西の風が吹き荒れた。
典型的な冬型となり、松本周辺では東側の美ヶ原上空は青空なのに、
西側の北アルプス方面は雪雲がかかって山がまったく見えない状態に。
日が射したかと思うと、すぐに空が白くなって雪が舞う、その繰り返し。
太平洋側と日本海側が、松本平の上空でぶつかり合っていた。
(2007年2月15日撮影)

| 空もよう | 00:10 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

根子岳山スキー(2)

モンスター以外の写真をいくつか。

P2120601.jpg
リフト終点、登行開始地点より頂上を望む。天気も上々。

≫ 続きを読む

| 山行 | 23:55 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

根子岳のモンスター

山仲間のウルフさんに誘われて、菅平から根子岳へ山スキーに出かけた。

P2120641.jpg


P2120653.jpg


P2120644.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

根子岳は、四阿山(日本百名山)の西隣に位置する、2,207mの山。
菅平のスキー場から直接上がれるとあって、山スキーの入門コースにうってつけとの話は聞いていた。今日は、ウルフさんからゲレンデ用の板を借り、スキー場のレンタルショップでブーツを借りてザックにくくりつけ、スノーシューで頂上まで登ってきた。下山はもちろんスキーで。
6年ぶり(?)のスキー、しかもカービングの板でオフピステ、というかなり無茶な挑戦ではあったが、なんとか滑り降りることができた。スノーシューもいいが、やっぱり下りはスキーが楽。爽快感はたまらないものがあった。うーむ、危険領域に足を踏み入れたような・・・。

その折、途中で目にしたのが上の樹氷群。有名な蔵王のそれに比べると雪の付き方も少ないが、まぎれもないモンスターであった。

| 空もよう | 22:06 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

【予告編】Nepal '95

n001.jpg
Yashica FX-3 Super 2000 /Tamron SP90 /RDII
朝陽があたり始めたダウラギリ(8,167m), Poon Hill(3,198m)にて

私itadoriは、1995年2月~3月にNepalを旅しました。
本年がそれから12年になるのを記念して、当時の旅の写真を順次ご紹介します。
とは言っても、当時は当然ながら全てフィルムでしたので、
順次スキャニングしながらの公開となります。
時間を見つけてゆっくりやりますので、気長にお待ちください(笑)。

≫ 続きを読む

| 海外 | 21:47 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

飛沫がつくった氷の造形

これは一週間ほど前の写真。

P2020185.jpg


P2020186.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

この時期の昼の散歩は、用水路に自然にできあがった氷の造形が楽しみの一つなのだが、この冬はやはり暖かくほとんど見られない。もっとも、用水路の取入口で改築工事が行われたため、しばらくの間水量が少なかったことも原因かもしれない。
それでも、冷え込みが数日続いた後、草の葉や用水路の壁にへばりついた飛沫が、小ぶりながら見事な造形をつくっていた。しかし、その後日中の気温がぐんぐん上がり、あえなく溶けてしまった。そんなわけで、この冬はこの手の写真をあまり撮っていない。
(2007年2月2日撮影)

| 見つけたもの | 23:59 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

立春を過ぎたら

咲いてました。

P2060387.jpg


P2060379.jpg

こちらの方も。
P2060380.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

春ですね・・・。
いくらなんでも、まだ早いのでは???

| 見つけたもの | 00:05 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

高ボッチ山へ

P2040256.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

高ボッチ展望台より望む松本平と北アルプス

---------
快晴だったこの週末、日曜日は夕暮れ時のパノラマを見たいと思い、昼過ぎから高ボッチ山へ向かった。
(2007年2月4日撮影)

≫ 続きを読む

| 山行 | 23:22 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

月光の常念

P2020193.jpg
E-1 /Carl Zeiss Planar T* 1.4/50

学生時代、松本での最初の冬に一番驚いたこと、それは夜でも山が見えたことだった。
雪を被った北アルプスは、特に満月のころに月明かりに煌々と照らされ、
昼とはまた別の表情を見せる。
こういう夜は肌を刺すような冷気に包まれるが、幻想的な光景に寒さを忘れる。
(2007年2月2日撮影)

| 空もよう | 23:09 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

少しだけ

雪が降りました。

P2020171.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

P2020176.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

P2020180.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

雪が降らないと物足りないと思いつつ、いざ降り始めると
あまり積もらないでくれよとわがままな気分に。
でも、冬なんだからもう少し雪があってもいいかも。
多少の不便よりも、雪景色の美しさの方が勝る思うのだが。
(2007年2月2日撮影)

| 見つけたもの | 14:57 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

荒天の前ぶれ

P2010139.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

P2010148.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100

今朝は荒天を予感させる、妙な雲行きだった。
予報通り、昼過ぎに山の方からぶゎ~っと雪が押し寄せるように降ってきた。
まとまって降るかと思ったが、さほどでなかったのは幸いなのかどうか。
(2007年2月1日撮影)

| 空もよう | 00:30 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

再び志賀高原へ

P1310114.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

昼下がりの東館山。

P1310122.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

夕暮れ時。一ノ瀬は霧の中だったが、高天ケ原へ上がると、雲海の上だった。
笠ヶ岳、高標山の頂きだけが雲の上に連なり、北アルプスの高山のようなシルエットを見せていた。

P1310132.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

これは志賀高原ではない。
松本への帰り道、姨捨よりの善光寺平の夜景。

----------
再び志賀高原へ出かけた(あくまでも仕事なので、念のため)。
北アルプスはガスっていて見えなかったが、志賀高原はいい天気。
やるべき仕事が早く終わったら、いくつか写真でも撮るか(仕事上必要だし)
と思っていたものの、話が白熱して終わったときにはすでにとっぷり日が暮れ、
スキー場はすでにコース整備に入っている時間。写真どころではなかった。

それでも、帰りの道すがら、一瞬ではあったけど高天ケ原から雲海の上にいる
光景を見ることができたのはラッキーだった(2枚目の写真)。
今は日帰りでちょこっと行くだけだが、いずれじっくりと行ってみたい。
(2007年1月31日撮影)

| 空もよう | 00:27 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年01月 | バックナンバー | 2007年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。