スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

すっきりしない空

秋雨前線が本州南岸に停滞しているとかで、すっきりしない天気が続く。
もっとも、今日は雨は降らず、常念も見えていたが。う~む…。

P9307501.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
はっきりしない空もよう。それでも常念岳は見えている。

P9307508.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
稲刈りも終わりに近づいてきている。

P9307519.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
刈り取りの終わった田んぼでは、赤トンボが盛んに産卵していた。

[Azusagawa, Matsumoto, SHINSHU, on September 30, 2008]
スポンサーサイト

| 空もよう | 21:27 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

鍬ノ峰へ

今日は、先週の祝日に出勤した分の代休をもらい、今年初の夏山山行をした(正確には、夏山期間とは7/1~8/31を指すのですでに終わっている)。

毎年少なくとも一度は登っている常念岳への登山を計画し、「聖地巡礼」としてやはり毎年登っているむらしげさんとともに登ることを予定したいたが、天気予報は雨…。
集合時はまだ降っておらず、わが家から見上げると常念岳は見えていて、行くかどうかずいぶん悩んだ。結果、やはり降るだろうということで常念岳登山は断念し、大町市にある北アルプスの前山、鍬ノ峰(くわのみね、1,623m)へと行き先を変更した。

P9297387.jpg
鍬ノ峰へ至る稜線上から、安曇野を見下ろす。雨の先触れとなる雲が流れ始めていた。
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5

≫ 続きを読む

| 山行 | 22:56 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

森づくり人づくり22・森林ボランティア講座第4回

春から受講している『森林ボランティア養成講座』の第4回が開催された。
先月も開催される予定だったが、悪天候のため中止となり、2ヶ月ぶりとなった。
今回は、先回集材したヒノキ間伐丸太を、移動可能な簡易製材機を使用して柱材や板材に製材するというテーマ。

原木丸太があっても、挽いて角材や板材にしないと活用できないのが悩みどころだが、今回使用したような製材機があるとそれが解決される。
製材所での製材に比べれば精度は今ひとつかも知れないが、本格的な設備を設けなくても製材できる環境が生まれるというのは、間伐材の有効利用の点からも非常にすぐれものだ。

何よりも、自分たちで出してきた材を自分たちで挽いて、自分たちで何かに利用できるというのは理想的だ。
なお、今回製材した材は、来月開催予定の次回、薪小屋として建築される予定。

P9287375.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
これが簡易製材機。わが家のチェーンソーと同じHusqvarna製。価格は、一式197万。
エンジンでバンドソー(帯鋸)が回転し、人が機械を押して製材していく。操作は簡単。

P9287379.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
簡易製材機の全容。未整地でも使えるのがポイントだが、レール全体を水平に設置するのが難しかったらしい。

P9287378.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
できあがった製品群。丸太からその場でこのように加工できるのは、画期的なことだ。

P9287382.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
こちらは丸太の皮むき部隊。大変な作業、お疲れさまでした。
[Omachi, SHINSHU, on September 28, 2008]

| 暮らしのあれこれ | 22:54 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北アルプス北部、冠雪?

気温がぐっと下がった今朝、一瞬だけ雲が切れて北アルプス北部・後立山方面が見えた。
最初は雲かと思ったが、稜線が白くなっている!
見えたのは爺ヶ岳付近と、白馬岳の北、小蓮華方面とも思われるが、爺ヶ岳はうっすらと、小蓮華方面は結構しっかりと白くなっていた。

常念付近は雲に覆われて終日見えなかったが、上がどうなっているのか気になるところだ。
つい先日、北海道・大雪山と利尻岳の初冠雪のニュースが流れていたが、ここら辺りもそろそろなのか。

P9277351.jpg
E-1 /Carl Zeiss Tele-Tessar T* 4/300
爺ヶ岳付近。朝8:50頃。

P9277348.jpg
E-1 /Carl Zeiss Tele-Tessar T* 4/300
小蓮華か?小さくてわかりづらいかも知れないが、結構白いように見えた。

P9277362.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ちなみに、今朝の空はこんな感じ。

P9277370.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
なかなかすっきりとは晴れてくれない。

[Hotaka, Azumino, SHINSHU, on September 27, 2008]

| 空もよう | 22:07 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

伊那方面へ出張中 ~その2~

伊那方面への出張編、第2回目。
今回も前回と同じく、天気の良かった祝日の9/23。
目にした風景と、生きものなどいくつか。

IMGP4228.jpg
Optio W30
あふれる緑と岩場をなめるように流れる滝。
のどかそうに見えるが、もろい地質の急斜面、落石ゴロゴロの大変危険な場所である。
頼りなげな細い林道が延びており、その先には集落もあった。
現在は廃屋が残るのみ。


≫ 続きを読む

| 見つけたもの | 22:33 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

伊那方面へ出張中 ~その1~

今週は、連日伊那方面へ出張中。
前半は、松川町・中川村・大鹿村方面へ出かけていた。
その時に見た風景や見つけたものを、いくつかご紹介。

今回は、松川町内から眺めた中央アルプスを。

IMGP4217.jpg
Optio W30
天竜川をはさんで東側、南アルプスの前山である伊那山脈の中腹から、中央アルプス方面を望む。
右手は、南駒ヶ岳付近。松川町内にて。
(空の色がちょっとヘンな気がする…)

≫ 続きを読む

| 山岳 | 23:14 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

朝の空

祝日ながら、本日は仕事の都合で出勤。
こういう日に限って、朝から気持ちの良い青空…(泣)。
せめて爽やかな空の写真でも撮って、前向きな気分になろう。

P9237043.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
北東から南西に延びた、帯状の雲。

P9237050.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
少しの間に、その姿はどんどん変わる。


P9237052.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
常念もくっきり。
[Hotaka, Azumino, SHINSHU, on September 23, 2008]

| 空もよう | 23:13 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

台風一過、にならず

今回は、昨日(9/20)の朝の空。
上陸せず、本州南岸をかすめていった台風13号だが、松本周辺では大した雨も風にもならず、穏やかなうちに過ぎ去っていった。
通過後は台風一過の青空になるかと思いきや、朝方少し晴れ間が見えた程度で、午後には厚い雲に覆われ、夜から雨となった。
そして日曜日の今日も、時折ザーッと降ってきたり。スッキリしない天気だ。

進路もスピードも普通とは違っていた台風、通り過ぎた後も普通ではないようだ。

P9206990.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
この雲が流れたら、青空になるかと思ったのだが…。

P9206995.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
すっきりしない空。

[Hotaka, Azumino, SHINSHU, on September 20, 2008]

| 空もよう | 21:21 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

稲刈り進む

安曇野周辺もあちらこちらで稲穂が頭を垂らしているが、稲刈りも進んでいる。
職場の近辺でも、多くの田んぼで稲刈りが行われている。
コンバインで丸ごと刈り取ってしまうところも多いが、やはりはざがけしてあるところは風情がある。その手間と労力は大変なことだろうと思うけど。

P9186961.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50/2.0 Macro
徐々に進められている稲刈り。

P9186952.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
はざがけの仕方もそれぞれのやり方があり、おもしろい。


P9186967.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
今日の空もようは、どんより曇り空。さて、台風はどうなるか…。
[Azusagawa, Matsumoto, SHINSHU, on September 18, 2008]

| 見つけたもの | 22:45 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

樽沢トンネル

今回は、過去ネタなので悪しからず。
ちょうど一週間前の水曜日、四万温泉まで出かけた道の途中で見つけたもの。

菅平から峠を越え、嬬恋・長野原を経て行く道(国道144・145号)は、吾妻川にほぼ沿って走っているが、その細長い谷はJR吾妻線も走っている。
その谷が最も狭くなるあたりに、景勝地・吾妻峡があるのだが、ここには知る人ぞ知る、有名なトンネルがある。それが『樽沢トンネル』だ。

P9106699.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
樽沢トンネルの西口。何の変哲もないトンネルであるが…。


P9106697.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
東口。その長さ7.2mと、最も短いトンネルとして有名なのだ。普通列車が通過中。

なんでわざわざ、こんな短いトンネルにしたのか理由は定かではないが、線路の建設にあたり、トンネル上の松を残したかったとか、岩なのでくりぬいても崩壊の心配がないためとか、いろいろ言われているらしい。
列車に乗っていたら、まず気づかないだろう。

P9106773.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
特急『草津』が通過中。知らずに見たら、列車が埋まっていると思うかも…。

この有名なトンネルであるが、現在この地点の少し西で進められている『八ツ場ダム』工事のため、近い将来線路が付け替えとなり、水没はしないものの廃線となる予定。
見るなら今のうち、の名所である。

[Higashi-Agatsuma, JHOSHU, on September 10, 2008]

| Rail & Trains | 23:29 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

彼岸花、咲く

昨晩雨が降って、今日は朝から晴れ。
爽やかな空だったが、昼どきに外に出てみると日射しが強く、結構暑かった。
松本の最高気温は、28.3℃。昨日より5℃近く高かった。どおりで…。

3連休が終わって職場近くを歩いてみると、毎年恒例の彼岸花が咲き始めていた。
道路沿いに一直線に植えられており、咲きそろうと見事だ。
ただ直線道路のため、脇を車がびゅんびゅん通過するため、撮影には注意が必要。
そんなに慌てて駆け抜けなくても…と思うが。

P9166935.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
彼岸花に頭を垂れる稲穂、背景は秋の空。

P9166930.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50/2.0 Macro
50マクロで迫ってみた。

[Azusagawa, Matsumoto, SHINSHU, on September 16, 2008]

| 見つけたもの | 22:41 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

薪づくり

9月も半ば、涼風も少しずつ冷たくなってきているが、
わが家では未だ、薪づくりが進行中。
もっとも、この冬用の分はすでに作ってある分で足りると思う(たぶん)ので、
これは冬の終わりか、来々シーズン向けとなる予定。
(通しての冬が初めてなので、どうなることやら…)

この春いただいた原木のうち、りんご、桜などの太めの丸太はすでに割り終えていたが、
最後まで残っていたのが、春先に耕作放棄地で伐らせてもらったハリエンジュ。
薪置き場づくりなど、全てが初めてのことで遅々として進まなかったが、
ようやくメドが立ってきた。やれやれ…。

P9156911.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
玉切り中。細いハリエンジュなので、割る必要なし。
馬はお隣さんからの借り物(いつも、ありがとうございます!)。

P9156917.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
今日の成果(と言っても、半日仕事)。仮造りの薪棚なので、お恥ずかしい…。
[Hotaka, Azumino, SHINSHU, on September 15, 2008]

| 暮らしのあれこれ | 21:45 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

すじ雲

実に久々に、安曇野の写真。
一昨日から澄み渡る空となり、急に秋らしくなった。
風もひんやりとし、朝晩は寒いほど。
早いところでは稲刈りが始まっており、突然秋がやってきたようだ。

P9116792.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
すじ雲をバックに、コスモスが揺れる。

P9116798.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
稲穂がたわわに。昼どきの空もよう。



P9116808.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
日没後、北アルプス方面の薄雲がオレンジ色に染まった。
[Azusagawa & Shimauchi, Matsumoto, SHINSHU, on September 11, 2008]

| 空もよう | 23:51 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

菅平と四万温泉へ

お出かけネタの連続で恐縮だが、今日は菅平と群馬県の四万温泉へ行ってきた。
残念ながら仕事なので、日帰りで温泉にも入らず…。

P9106613.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
菅平高原・大松山スキー場中腹より、菅平中心部と根子岳(左)・四阿山を望む。
仕事を放り出して、登りたい衝動に駆られながら…。

≫ 続きを読む

| 暮らしのあれこれ | 23:07 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その6・帰りの船旅編~

長かった北海道旅行記も、いよいよ最終回。
最後は、帰りの船旅編。

P8306382.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
朝、雨上がりの秋田港に入港。

≫ 続きを読む

| 暮らしのあれこれ | 23:10 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その5・旭山動物園・後編~

まだまだ北海道旅行記。
第5回目は、旭山動物園の後編。
最初は、6月末にオープンしたばかりの「オオカミの森」

P8286158.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
3頭のオオカミが住んでいる。残念ながら、昼はお休みタイム…。



≫ 続きを読む

| 暮らしのあれこれ | 23:11 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その4・旭山動物園・前編~

どこまで行くのか、北海道旅行記。
第4回は、北海道滞在3日目に訪ねた、いま話題の旭山動物編の模様をご紹介。

P8286079.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
旭山動物園内。8月の終わり、平日というのに大変な賑わいの園内。



≫ 続きを読む

| 暮らしのあれこれ | 23:19 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その3・富良野・麓郷周辺の風景編~

北海道旅行記、第3回目は富良野・麓郷周辺の風景編。
とは言っても、ほとんどが麓郷の東の端、ふらのジャム園・共済農場の畑の写真であるが…。

P8285961.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ふらのジャム園から麓郷展望台へ至る道を登り、ストローブ松の林を抜けたところ。右手に1本立つ木は、『開拓の木』と呼ばれている。
北海道滞在3日目の朝に。

≫ 続きを読む

| 風景 | 23:47 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その2・『富良野・美瑛ノロッコ号』編~

8/24~30の北海道旅行記、2回目は富良野到着後の翌日に乗った『富良野・美瑛ノロッコ号』の模様を。

久々の富良野、どこを回ろうか考えていたところ、富良野と旭川を結ぶJR富良野線にトロッコ列車が走っていることを思い出した。調べてみると、この時期は平日も運行しているようだったので、富良野から美瑛まで往復することにした。

P8265580.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
『富良野・美瑛ノロッコ号』。富良野駅にて。


≫ 続きを読む

| Rail & Trains | 23:34 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その1・船旅編~

予定より遅れてのアップとなり…お待たせしました(汗)。

前回お知らせした通り、8月24日から30日にかけて、久々の大旅行をした。
行き先は、8年ぶりの北海道。そして、延べ2年半を過ごした富良野である。

その時にお世話になっていた「ふらのジャム園・共済農場」さんへ、自分たちの子どもの顔を見せに行くというのが一つ、そして、5年前に亡くなった共済農場の前社長にごあいさつに行く、というのが大きな目的だった。

我が家の下の子はまだ9ヶ月になったばかり。子どもの荷物も多いし、慣れている車の方が良いかと考え、車+フェリーを選択。北海道滞在中の4日間は、富良野とその周辺を回ることにした。

P8245402.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
子どもたちにとっては、初めての船の旅。これに乗るの!?と喜ぶ上の子。新潟港にて。

≫ 続きを読む

| 暮らしのあれこれ | 22:36 | コメント:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | バックナンバー | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。