スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

東山からの眺め

右往左往しているうちに、3月半ば。
年度末まで残り半月ほどだが、何となく先が見えてきたかな?
もっとも、全ての仕事が完了するまで気は抜けないが…。

さて、日曜日の今日。
あまりの天気の良さに、出かけたついでに松本市島内の『いのちと平和の森』まで足を延ばした。
日が傾きかけた時間帯ではあったが、屏風のように聳える北アルプスの連なりが遠くまではっきり見渡せた。
こういう風景は心が洗われる気がする。

犀川の向こうに後立山を望む
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
犀川の向こうに後立山連峰を望む。


常念山脈の上に薄雲が
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
常念山脈の上に薄雲が流れる。

南西方向。光っているのは、梓川の川面
E-1 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
南西方向の眺め。光っているのは、梓川の川面。

ちなみにこの写真を撮った場所、地元では東山と呼ばれる松本平東側の低山帯は、地質的にも地形的にもかなり複雑で研究者の興味を集めているらしい。そんな話を、先日仕事上でお世話になった信大の先生から伺った。
たしかに、二重山稜かと思うような窪地や、妙に平らな場所や、おかしな地形が多い気はしていたが…。
[Shimauchi, Matsumoto, SHINSHU, on March 14, 2010]
スポンサーサイト

| 空もよう | 22:17 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | バックナンバー | 2010年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。