スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

爺ヶ岳[じいがたけ・2,669m]~その1:眺望編~

太平洋高気圧にすっぽりと覆われた日曜日、北アルプスの爺ヶ岳へ登った。
爺ヶ岳へは、通算6回目。8月にしては、想像以上の眺望が得られた。

P8123080.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
爺ヶ岳南峰頂上より、立山~剱の稜線を望む。真夏にしては、空の青さが濃い。


今年は家の用事が目白押しで、なかなか山行に出る気分にはならなかった。もっとも、梅雨時は週末の天気があまり良くなかったし、梅雨明けも遅かったということもある。
しかし、梅雨明けしてから好天が続き、特にここ数日は下界の暑さもあって、山に登りたいという気持ちが急上昇。2週前の十石山に続き、この日曜日にホームグラウンドとなりつつある爺ヶ岳へ出かけることにした。
この時期だけに雷雨も十分あり得るので、早出早帰りを心がけた。その結果、これまでにない時間に登ることになった。

■行動記録
 4:45 柏原新道登山口出発 → 5:30-5:40 ケルンにて休憩 → 6:45頃 ガラ場前後で花の写真を少し → 6:50-7:00 ガラ場の少し上で休憩 → 7:15 種池山荘前通過 → 7:20頃 種池山荘少し上のお花畑で花の写真撮影 → 8:00-8:25 爺ヶ岳南峰頂上 → 8:45-9:50 爺ヶ岳中峰頂上 → 10:30-11:00 種池山荘上下付近で花の写真撮影 → 12:00-12:15 ケルン上で休憩 → 12:50 登山口帰着

P8123042.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
剱岳のアップ。昨年秋に唐松岳からも眺めたが、やはり剱はここからが一番。もう少し早い時間に撮りたいものだ。

P8123076.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
雲海に浮かぶ峰々。左から八ヶ岳、富士山、南アルプス。南アルプスは、北部の甲斐駒・北岳・仙丈から最南部の池口岳・鶏冠山まで見えていた。爺ヶ岳南峰頂上より。

P8123016.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
八ヶ岳、富士山付近のアップ。

P8123084.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
槍・穂高連峰方面。

P8123060.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
浅間山方面。頂上は南東の風が強かったが、噴煙もその方向にたなびいていた。

P8123065.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
先週行った志賀高原方面。左の3つのなだらかなピークが岩菅山、右のこんもりとしたピークが横手山。写真をよく見たら、至仏山や日光白根も写っていた。手前は飯縄山。

P8123136.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
北東方面。左が妙高、中央右が高妻山。

P8123043.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
鹿島槍のアップ。この時間に爺ヶ岳頂上なら、鹿島槍まで往復できそう・・・との考えも浮かんだが、欲は出さずに引き返した。いつか挑戦しよう。
[Mt. Jiigatake, Omachi, SHINSHU, on August 12, 2007]

| 山行 | 23:21 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

いい天気

A野市K委員会のU氏は、「今年はずっと山の天気がいい。高山植物も焼けてきている。去年は全然だめだったけど。」と言ってました。今年の夏山は天気は当たり年ですね。小屋もほっとしているでしょう。

| とりげも | 2007/08/14 22:33 | URL | ≫ EDIT

>とりげもさん
たしかに、いい天気が安定して続いており、昨年とはえらい違いですね。「焼けてきている」というのは、天気が良すぎてなのでしょうか?

| itadori | 2007/08/14 22:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/147-78a46ae7

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。