スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

74年ぶりに最高気温を更新

1933年7月、山形、40.8℃。
この最高気温が74年ぶりに破られた。しかも、2箇所同時に。熊谷と多治見で、40.9℃を観測したという。まったく、すさまじい暑さだ。
長野県内でみると、南信濃で38.8℃まで上がった。南信濃でこの気温は、相当暑いのではないか。よく高い気温で出てくる、隣の静岡県佐久間と0.1℃しか変わらないのだから。
ちなみに松本は36.3℃で、昨日より0.2℃低かったようだ。まぁ、誤差の範囲ではあるが。

P8163494.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
夕暮れ時の南東の空。

P8163500.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
こちらは南西。昨日と同じように、巨大な積乱雲が発達していた。
[Azusagawa, Matsumoto, SHINSHU, on August 16, 2007]

| 空もよう | 23:08 | コメント:0 | trackbacks:1 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/150-623a845f

TRACKBACK

最高気温

最高気温気温(きおん)とは、大気の温度のこと。通常、気温は地上の気温を意味し、WMO (世界気象機関)の規則により、地上から1.25~2.0m の高さで、温度計を直接外気に当てないようにして測定する。そのために、温度計や湿度計は送風機|ファン付きの通

| ゆいの日記 | 2007/08/17 07:33 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。