スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

笠ヶ岳[かさがたけ・2,897m]~2日目~

9/22~24にかけて行ってきた笠ヶ岳山行の2日目(9/23)。
1日目のところで書いたように、双六までの予定が鏡平泊まりとなったので、この日はここから。
前日に体調を崩した母も、休んだら良くなったというので、予定通り笠ヶ岳を目指すことにした。
まずは弓折乗越へ登り、弓折岳・抜戸岳と稜線をたどり、笠ヶ岳まで歩いた。

P9235257.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
朝焼け雲に浮かび上がる大キレット。鏡池より。



P9235273.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
同じく鏡池より、槍ヶ岳。雲が厚く、日の出は今ひとつだった。


鏡平山荘から笠ヶ岳までの行程は、約5時間半。時間的に余裕があることと、一眼レフカメラ+三脚の装備でやって来た母が写真を撮りたいというので、出発前に鏡池からしばしの撮影タイム。気づいたら、宿泊者の中で最後の出発だった。

P9235341.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
わずかに残っていたウサギギクの花。秩父平付近。

P9235327.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
鋭い岩峰。秩父岩付近。


弓折岳~秩父平~抜戸岳~笠ヶ岳に至る稜線はゆったりしており、お花畑が各所にみられる。花のことは考えていなかったが、シーズンにはたくさんの花が見られるようだ。山容はたしかに常念山脈とは違う印象だ。

P9235376.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ガスの向こうにようやく笠が見えた。近づいても大きさを感じる、不思議な形だ。抜戸岳付近。

稜線に出てからはほとんどガスの中だったが、途中ガスが切れたときに昼食の大休憩をしたりして時間をとり、笠ヶ岳山荘に着いたのは16時を回っていた。ちょっとのんびりしすぎたか。
こちらの小屋も大にぎわい。到着が遅い方だったので、夕食はなんと5回目、19時半!客室はすでに満杯で、食堂へ寝ることになった。客室よりゆったり寝れますよ、とは言われたが・・・。

P9235408.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
頂上からの夕暮れ。雲の隙間から射す夕陽に、雲海が照らされた。

P9235412.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
背後の雲に写った、影笠。

P9235452.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
頂上から見て右手、日本海方向。幻想的な夕暮れの空。

P9235457.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
日没後の西の空。夕暮れの素晴らしいドラマを堪能した。夕食が遅くて良かった・・・。

P9235462.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
そして東の空から月が。わかりにくいが、画面左下の方には奥穂の小屋の明かりが見える。
[Northern Alps, HIDA, on September 23, 2007]

| 山行 | 22:46 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

お母様も元気にカメラも撮られたんですね。
それにしても幻想的ですね。
こういうのもいいですね。

| TOKIO | 2007/09/29 23:59 | URL | ≫ EDIT

>TOKIOさん
続けてのコメント、ありがとうございます。
1日目の母の調子の悪さでは、翌2日目の下山も覚悟していたのですが、ウソのように快調になり、しっかり三脚を担いで歩き通しました。三脚は何度も「持とうか」と言ったのですが。

いい絵を撮られるTOKIOさんの評価、光栄です!

| itadori | 2007/09/30 22:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/179-55e010be

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。