スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

紅葉の涸沢と奥穂高岳 ~その4・下山~

10/14~15に登った奥穂高岳の山行報告第4回。
長々と連載したが、いよいよ下山の最終回。

PA156525.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ザイテングラードを下山中、涸沢岳東面を望む。この荒々しさは、少々日本離れしている。[8:49]


朝食後に登った涸沢岳だが、頂上からの眺望が良かったため、予定の時間をオーバーしてのんびりしてしまった。頂上に1時間ほどとどまり、小屋へ戻って下山を開始したのは8時を過ぎていた。
それにしても、予報では雨が降るようなことを言っていたのに、この好天は予想外だった。

PA156528.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
涸沢へ降りて、再び紅葉を楽しむ。下りは涸沢小屋の前を通る道をたどった。[10:10]

PA156537.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
見下ろしていた屏風岩、常念岳も同じ高さになってきた。もう少し光があたると良かったが。[10:23]

PA156552.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
屏風の頭。これだけでもなかなかの山容だが、周りにより大きな山があるので目立たない。[10:49]


PA156567.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
涸沢カールの底から、涸沢岳を振り返る。[11:07]

PA156609.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
横尾街道をえんえん歩き、上高地へ帰り着いた。残念ながら奥穂は見えず・・・。[15:44]

2日間の奥穂山行、うわさには聞いていた涸沢の紅葉がちょうど盛りの時期であり、北アルプス最高点への到達と合わせて満喫できた。
心配された天気も予想外に良く、ラッキーだった。これまで、むらしげさんとの泊まり山行は天気が悪い、というジンクスを打破できたのも良かった・・・。
[Mt. Oku-Hodakadake, SHINSHU, on October 15 2007]

| 山行 | 22:36 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

堪能させていただいちゃいました

ほぉ~~~(ためいき)。

常念ズ裏ページでも、お二人の感動をわけて頂き…すっかり気分は奥穂へ…(上高地BTや沢渡で山屋さんの大きな荷物をバスに積んだり降ろしたりしていた時のこと、この時期、カラマツだらけになったこと、独特の香り…いろいろ懐かしく思い出しながら…)!!

山の神様が微笑んでいるような神々しい写真。
紅葉・黄葉のあでやかな写真、。
思わず「おぉ~!すっごぉ~!!」と感嘆の声が出てしまいました。
写真を見て、こんなに感動してしまうくらいですもの、きっと、現地では360度の感動!表現できないくらい…あでやかで、色とりどりの、そこにいる人だけが感じられる、本物の感動があったのではないかと。

山に登ったことがないのに、感動をちょこっとわけていただいた感じで、本当に感謝です。

| みけねこ | 2007/10/21 19:08 | URL | ≫ EDIT

>みけねこさん
荷物の積み卸しですか・・・みけねこさんが? それともみけ父さん??? 重たくて大変だったでしょうね~。

写真の感想、ありがとうございます。
一応登ることがメインだったので、写真はその道すがらに撮っていましたから、家へ帰ってきて見るとあれ?(イマイチ)というものも多々ありました。それでも、やはり被写体がスゴイからでしょうね。ほんの一部でも実物の雰囲気を感じていただけたなら、幸いでした。

常念ズ裏ページもご覧いただきましたか。ありがとうございます。(特にリンクは貼っていませんでしたが、よく発見していただいて・・・)。
ちなみにこの山行、途中でU副会長にすれ違っています。

| itadori | 2007/10/21 21:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/198-af3b8db4

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。