スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

『風っこ八ヶ岳高原号』に乗る

トロッコ風列車『風っこ』が、小海線小淵沢~野辺山間に5/17, 18および24, 25の4日間限定で登場した。最終日の今日、往復の指定券を取ることができたので、家族そろって乗ってきた。

普通列車用の気動車を改造し、トロッコ風列車とした『風っこ』に乗るのは2回目。1回目は、2年前の6月初めに大糸線を走ったことがあり、信濃大町→白馬の片道だけ乗車した。その時は指定券が1枚しか取れなかったので、私と上の子(当時は下の子はまだいなかった)とで乗った。
今回は事前に情報を仕入れてきた妻が乗り気で、指定券の確保にも妻が走り、見事往復分を確保したのであった。

『風っこ』は、通常は気動車2両で走るが、今回の舞台の小海線は、JR最高地点もある有名な急勾配路線。気動車だけではパワーが足りず、ディーゼル機関車に牽引されての運行となった。小海線でディーゼル機関車牽引の列車が走るのは、実に16年ぶりとか。
その姿をカメラに収めようと、今日は余りよい天気ではなかったにも関わらず、沿線には大勢のファンが集まっていた。

P5252176.jpg
E-1 /Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/100
鳳凰三山・地蔵岳をバックに勾配を登る『風っこ八ヶ岳高原号』。小淵沢~甲斐小泉間にて。

P5252079.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
山梨デスティネーションキャンペーンのマスコット『ももずきん』も登場。小淵沢駅にて。

P5252118.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
機関車の機回し作業を真剣に見つめる。野辺山駅にて。


P5252130.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
野辺山駅に勢揃い。左からハイブリッド車両『こうみ』、標準のキハ110系、『風っこ』。
[KOSHU & SHINSHU, on May 25, 2008]

| Rail & Trains | 23:11 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

数年前、磐越西線のSLに乗りに行ったときに、「風ッ子喜多方ラーメン号」に乗りました。そのときは天気がとてもよく、全開状態の車内は風が通って気持ちよかったのが印象的でした。寒そうだったのが、ちょっと残念な感じでしたが、補機付きは珍しくてよかったですね。

| めかません | 2008/05/27 07:21 | URL | ≫ EDIT

>めかませんさん
寒そうって、わかりましたか…。
我が家で乗った列車は、小淵沢を出たときは雨が上がっていたのですが、途中で小雨となり、清里から野辺山にかけては霧の中でした。霧の舞う広大なレタス畑と防風林のカラマツという景色は、北海道に来ちまったと思いました。
だいたい、小海線のこの時期はまだ寒いですよね。
真夏にやってくれればいいのに、と思います。
ところで、「風っこ喜多方ラーメン」って、車内でラーメンが出たんですか??

| itadori | 2008/05/27 22:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/343-c9bc6700

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。