スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

森づくり人づくり22・森林ボランティア講座第3回

3連休の中日は、月に一度の『森林ボランティア講座』。
今回は第3回目。前回は間伐する木はどのように選ぶか?だったが、今回は実際に間伐を行った林に入り、集材作業を学習した。場所は、松川村の西側の山地に少し入った林内。およそ30年というヒノキ林で、切り捨て間伐(間伐はしたが採算が合わないため伐った木を運び出してはいない)が行われた場所をお借りして、枝払い、玉切り、集材など、ひたすら作業をした。
林内で木陰と思いきや風がなくて蒸し暑く、大量の汗をかいた。

講師は、大町近辺を中心に、林業の新しい働き方を実践している『山仕事創造舎』の方々。ナタやチェーンソー、トビといった道具の使い方から、間伐をめぐる現状など、様々なことを教わった。

P7203868.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
本日の現場。松川村の西側山腹にあり、30年程度のヒノキ林。切り捨て間伐が行われた。


P7203852.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50/2.0 Macro
運搬車。山仕事創造舎さん所有の機械。小回りがきく働き者ながら、1台120万円と驚きの低価格。軽トラに積めるサイズなのもGOOD。


P7203865.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50/2.0 Macro
玉切りし、集材したヒノキ丸太。コストを考えずに、使うんだ!という意志で山から出せば、様々な用途に有効活用できるのだが…。
[Matsukawa, SHINSHU, on July 20, 2008]

| 暮らしのあれこれ | 22:59 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/373-04d2cb00

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。