スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

北海道旅行 '08 ~その6・帰りの船旅編~

長かった北海道旅行記も、いよいよ最終回。
最後は、帰りの船旅編。

P8306382.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
朝、雨上がりの秋田港に入港。



富良野には4泊滞在し、29日に帰路についた。
行きは新潟~小樽航路を利用したが、この航路の南行きは小樽の出航が早い。利用するためには、小樽か札幌あたりで泊まる必要がある。

新日本海フェリーにはもう一つ、苫小牧発着の航路もあり、こちらは新潟行きの出航が夜の7時半。富良野から苫小牧までは150kmほどで、のんびり走っても十分間に合うため、帰路はこちらを利用した。

しかし苫小牧とは言っても、新日本海フェリーのターミナルがあるのは、苫小牧東港。だだっ広い勇払原野を開発してできたこの港は、苫小牧市街からは30分近くかかるので注意が必要だ。

帰りの船は、『フェリーしらかば』。この船は、13年前に初めて北海道を旅したとき、新潟から最初に乗った船。とても懐かしい…。

P8306396.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
苫小牧~新潟航路は、途中秋田に寄港する。日によっては、新潟からさらに敦賀まで行く。
秋田入港時、苫小牧行きの僚船の『フェリーあざれあ』と行き会った。汽笛を交わすのは、いつもながら感動的。

P8306421.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
秋田出航直後、餌をねだりにカモメがやってきた。

P8306442.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
酒田市の沖に浮かぶ飛島の横を抜ける。

P8306457.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
途中寄港するため、沿岸を行く。行きと違って、とても穏やかだった。

P8306474.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
煙突とまだら雲。


P8306475.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
山形県と新潟県の境付近。小さく見える山は、朝日か月山か。

----------
新潟港到着は、午後3時半。それから少し買い物をして、安曇野へ帰り着いたのは夜8時頃。
まるまる一週間の、非常に濃い旅がこれもこれで終わった。
撮った写真、1,030枚あまり。デジカメとはいえ、1,000なんて数字、初めて見た…。
[on the ferry "SHIRAKABA", on August 29-30, 2008]

| 暮らしのあれこれ | 23:10 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/393-3f6b5a98

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。