スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

樽沢トンネル

今回は、過去ネタなので悪しからず。
ちょうど一週間前の水曜日、四万温泉まで出かけた道の途中で見つけたもの。

菅平から峠を越え、嬬恋・長野原を経て行く道(国道144・145号)は、吾妻川にほぼ沿って走っているが、その細長い谷はJR吾妻線も走っている。
その谷が最も狭くなるあたりに、景勝地・吾妻峡があるのだが、ここには知る人ぞ知る、有名なトンネルがある。それが『樽沢トンネル』だ。

P9106699.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
樽沢トンネルの西口。何の変哲もないトンネルであるが…。


P9106697.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
東口。その長さ7.2mと、最も短いトンネルとして有名なのだ。普通列車が通過中。

なんでわざわざ、こんな短いトンネルにしたのか理由は定かではないが、線路の建設にあたり、トンネル上の松を残したかったとか、岩なのでくりぬいても崩壊の心配がないためとか、いろいろ言われているらしい。
列車に乗っていたら、まず気づかないだろう。

P9106773.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
特急『草津』が通過中。知らずに見たら、列車が埋まっていると思うかも…。

この有名なトンネルであるが、現在この地点の少し西で進められている『八ツ場ダム』工事のため、近い将来線路が付け替えとなり、水没はしないものの廃線となる予定。
見るなら今のうち、の名所である。

[Higashi-Agatsuma, JHOSHU, on September 10, 2008]

| Rail & Trains | 23:29 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/399-9fc5f957

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。