スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

鍬ノ峰へ

今日は、先週の祝日に出勤した分の代休をもらい、今年初の夏山山行をした(正確には、夏山期間とは7/1~8/31を指すのですでに終わっている)。

毎年少なくとも一度は登っている常念岳への登山を計画し、「聖地巡礼」としてやはり毎年登っているむらしげさんとともに登ることを予定したいたが、天気予報は雨…。
集合時はまだ降っておらず、わが家から見上げると常念岳は見えていて、行くかどうかずいぶん悩んだ。結果、やはり降るだろうということで常念岳登山は断念し、大町市にある北アルプスの前山、鍬ノ峰(くわのみね、1,623m)へと行き先を変更した。

P9297387.jpg
鍬ノ峰へ至る稜線上から、安曇野を見下ろす。雨の先触れとなる雲が流れ始めていた。
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5



鍬ノ峰は、北アルプス・餓鬼岳の北東に位置し、蓮華岳~北葛岳と高瀬川をはさんで向かい合う。これらの山に比べると標高は低いが、なかなか登りがいのある山という。
以前一度登っているむらしげさんに案内してもらって、途中から降り出した雨の中、山頂を目指した。
登山口は、餓鬼岳登山口の少し先。登山口から山頂までの行程は、約1時間15分程度。

短いコースながら、途中ロープが張られた急な箇所もあり、アップダウンもありと変化に富んだ道。シャクナゲの大木が数多く生育しており、花の時期は良さそうだ。
山頂からは眼下に安曇野を一望し、反対側は餓鬼岳、北葛岳、針ノ木岳、蓮華岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳などをぐるっと見渡せる。中でも蓮華岳は近く、恰好の展望台と行ったところだ。

雰囲気は里山ながら、ずいぶんと楽しめる山だということがよくわかった。

P9297409.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
本日見た、ほぼ唯一の花。オヤマリンドウ。山頂にて


P9297418.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
低い雲が南からどんどん流れてくる。このような天気の変化を見ることができたのは貴重。

P9297424.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
手前に爺ヶ岳、後は鹿島槍ヶ岳。

P9297428.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
下り始める頃にはすっかり雲海となってしまった。中ほどは聖山、後方は根子岳・四阿山。

P9297431.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
色づいていたナナカマド。右後ろは餓鬼岳(の半分くらい)。

P9297441.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
下る途中に見つけた、花崗岩にくりぬかれた穴。どうやってできたのか?


[Mt. Kuwanomine, Omachi, SHINSHU, on September 29, 2008]

| 山行 | 22:56 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/407-032bc629

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。