スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

京阪三昧

関西編、最後は再び鉄道ネタ。
今回最大の目的、京阪電車である。

_A188364.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
50年以上走ってきた1900系、こちらは往時の姿に復元された特急色。この日が最終日。京阪本線野江にて。



今回の関西行きの最大の目的は、京阪電車の写真を撮ることであった。
というのは、かねてより建設が進められてきた大阪都心の新線・中之島線の開業を控え、それを期に新車も投入されて運行形態が大幅に変わる。と同時に、最も古い車両では昭和31年製造のものが含まれる形式がいよいよ運転を終了するというのを聞き、走行している姿をぜひもう一度見たいと思ったのだった。

以前宇治に住んでいたときは、京阪電車にさんざんお世話になった。
その宇治線をゴトゴトと行き来していた主な系列が、現行の中では最古参の1900系であった。デビュー当時は花形の特急列車用として、京都~大阪間で活躍、のちに新型の特急用車両が登場してからも、一般車として50年以上も活躍した。
某JR会社では20年も使わないうちに廃車にしてしまうこのご時世に、50年の活躍とは大したものだと思う。

以前乗ったときも、快適な乗り心地と明るく清潔に保たれた車内に、古さをちっとも感じさせなかった。そして、1両1両異なると言われた個性に、乗るたびに発見があったものだ。

1900系は5編成が存在していたが、うち3編成は少し前に運用離脱、2編成が残っていた。
そして、そのうちの1編成は引退を目前にして、往年の特急色で復活、花道を飾った。
見に行った日は最終日であったが、2編成とも区間急行として堂々の走りっぷりを見せていた。

PA188347.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
1900系の次の特急車旧3000系(現在は8000系80番台)。
この系列は1編成のみ残っているが、まだまだ元気。

_A188417.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
1900系のもう1編成。これは、この編成最後の定期列車であった。

_A188414.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
翌日から開業する中之島線用として投入された、新3000系。
これまでの京阪のイメージと大きく変わった。

_A188403.jpg
E-1 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
中之島線開業をPRするシンボルマーク。


1900系はこの日、相次いでその活躍に幕を閉じた(12月にお別れ列車が走るようだが)。
心からお疲れさまと言いたい。そして、ありがとう、と。

写真はいずれも、京阪本線野江にて。
[OSAKA, on October 18, 2008]

| Rail & Trains | 23:09 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/462-09a049d6

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。