スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

森づくり人づくり22・森林ボランティア講座第5回

月1回の『森林ボランティア養成講座』、いよいよ大詰めの第5回が開催された。
今回は、前回簡易製材機を用いて柱材や板材に製材したものを使い、利用例の一つとして薪小屋を造った。

PA268600.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
建て方も始まって…。薪小屋とは言え、なかなか本格的。


会場は、前回に引き続き、大町スキー場※向かいにある、『ぽっぽの宿』敷地内。
ここのオーナーが、薪ストーブ用の薪販売に乗り出すと言うことで、その薪をストックしておくための小屋を造るのであった。

今日は基礎作りから初めて、部材の加工、建て方、床板および屋根の貼り付けまで、全て一日で完成した。
ログハウスづくりが得意な親方の元、大工の棟梁や林業従事者、設備工、アウトドアインストラクターなどの多彩な顔ぶれで、テキパキと仕事が進んだ。
何よりも、人手が多いというのが早く仕上がった大きな要因であろう。

PA268603.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
屋根の野地板張り中。寒空にもへっちゃらの若い人々。
そう言えば、今日垣間見えた蓮華は、白かったな…


PA268611.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
完成!総ヒノキ造りの豪勢な薪小屋。
薪小屋にはもったいないとの声も…。

PA268612.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
正面はこんな感じ。丸太を活かした梁が見事。
壁を付ければ、直売所になりそう。

PA268619.jpg
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
できあがってやれやれの一時。お疲れさまでした。

この講座も、残すところあと一回。
次回は薪づくり?それとも丸太で工作?

※大町スキー場は、今度のシーズンは営業しないという発表が先日ありました。
 が、スキー場周辺の有志により、スノーモービルでの圧雪などを行い、雪遊びができるように整備はするそうです。リフトこそ営業しませんが、どうぞ遊びにお出でくださいとのことでした。ぜひ皆さんお出かけください。
[Omachi, SHINSHU, on October 26, 2008]

| 暮らしのあれこれ | 20:36 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/464-b9fb95c8

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。