スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

岩菅山へ

昨日(10/25)、むらしげさんのお誘いを受けて長野山岳会主催の市民山行に参加した。
行先は、志賀高原の岩菅山。
長野山岳会の皆さんと一般参加者の総勢8名による、賑やかな山行となった。

高天ヶ原の朝
E-1 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
朝6:00、登山口の志賀高原・高天ヶ原の空。


長野山岳会の行事に参加するのは、2年前のタケノコ狩り以来2度目。
毎年開催されている市民山行もその都度お誘いはいただいていたのだが、なかなか都合が合わず参加できなかった。
今回は、うまい具合に予定を合わせることができた。

岩菅山は、志賀高原の北東に位置する標高2,295mの山。すぐ隣にある裏岩菅山が若干高いが、志賀高原の最も高い場所である。
志賀高原自体は、2年前は仕事で何度か訪れていたが、登山目的で行くのは初めてのこと。
10月下旬とあって、いつ雪が降ってもおかしくないような、晩秋の装いだった。

好天のはずが…
E-1 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
同じく高天ヶ原にて、東館山方面を望む。

予報は曇りのち晴れで、登山口の高天ヶ原に着いた時は上空に青空が見え、好天が期待できた。
しかし、山の方を見ると雲がものすごい速さで流れており、強風を感じさせた。

上へ登ると雲の中に入ってしまい、全般に視界はきかず…。
吹きさらしの稜線では台風か?と思うほどの激しい風に吹き付けられ、かなりの寒さを感じた。

というわけで、視界がきかなかったので、稜線上~頂上の写真はなし。

冬支度のシラカバ林
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
下山中、上条用水路沿いで目にしたシラカバ林。すっかり葉を落としていた。

落ち葉とナナカマドの実
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
水たまりに落ちていたナナカマドの実。


今回岩菅山の周辺を歩いてみて、自然林がかなりの広範囲で残されていることに驚いた。
仕事をしていた時に志賀高原についてはいろいろと調べ、一帯が地元の財産区によって管理されている特殊な場所だということは知っていた。その努力が、豊かな森林を残していることを今回改めて実感した。
今さらながら、オリンピックのコース開発で問題になった理由がよくわかった。

下山後、一の瀬にて
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ゴールは、一の瀬のスキー場。上を見上げると、完全に雲の中になっていた。

天候は今ひとつだったが、いつもとは違う雰囲気で充実した山行だった。
[Mt.Iwasugeyama, Shigakogen, SHINSHU, on October 25, 2009]

| 山行 | 23:01 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

お疲れでした!

お忙しい所、御参加頂きありがとうございました!
(3度目ですよね?)

生憎の天候、参加者も少なく、市民山行らしくなくてスミマセンでした。
まぁ、こんな山行もあるということで。。。
(岐阜の師匠曰く「好天ばかりに慣れているとアクシデントに対応出来なくなる」とか)

これに懲りずにまたヨロシクです。

| むらしげ | 2009/10/27 22:54 | URL | ≫ EDIT

Re: お疲れでした!

>むらしげさん
いろいろお世話になりました。
そうか、3回目でしたね…。失礼しました!
このようなことでもないとなかなか行こうとしない場所なので、とても良い機会でした。
また誘って下さい!

| itadori | 2009/10/28 23:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/651-f278d202

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。