スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

木曽駒の植生復元に参加

今回は、珍しく仕事の話をご紹介。
朝早く出社した日(9/14)、行き先はまたしても木曽駒ヶ岳だった。。
この日は、林野庁の中部森林管理局が主催する高山植生復元のボランティア活動があり、それに参加した。

千畳敷カール
E-1 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
朝の千畳敷カール。いつもと同じ構図でおもしろみがないので、今回は超広角でワイドに。


中部森林管理局が主催する、木曽駒ヶ岳での植生復元は今年で6年目。
これまでも、木曽駒ヶ岳周辺の稜線上にて、登山道が広がっていたために登山者の踏みつけなどによって失われた植生を回復するため、グリーンロープで立ち入りを規制するとともに、ヤシなどの繊維でできたマットを敷くことによって植生を回復させる取り組みを行ってきた。

今回の実施場所は、千畳敷カールの壁である八丁坂を登り切った稜線上に立つ山小屋「天狗荘」付近の登山道沿い、それと乗越浄土から伊那前岳に向かうやはり道沿いの数カ所であった。

参加したのは、林野庁関係のほか、地元自治体や山岳ガイド、山岳会などの山岳関係者、それに一般の応募者約30名。
ロープウェイの千畳敷駅からマットなどの資材を担ぎ、現場へ向かった。

出発準備
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
マットや道具を担いで、いざ出発!

ナナカマドの赤い実
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ウラジロナナカマドが朱い実をつけていた。紅葉ももうじきか。



南アルプスの眺め
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
澄んだ空で、南アルプスもくっきり。

オットセイ岩
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
八丁坂の途中にある『オットセイ岩』。昔は『仏岩』と呼ばれていたそうな。
誰がオットセイ岩と言いだしたのか…。


八丁坂を登る
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
八丁坂を登る、植生復元隊。

和合山の岩
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
八丁坂を登り切った辺りにある岩峰。和合山という立派な名前がついている。
昔の山岳信仰の名残りらしい。

乗越浄土から
E-1 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
乗越浄土に出た途端に広がるパノラマ。
急登からの劇的な変化に、何度来ても感動する。

伊那前岳への稜線からの眺め
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
乗越浄土で2方面に分かれた。私は伊那前岳方面へ。
途中の稜線からの眺め。遠くは八ヶ岳連峰。

マット敷設作業
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
マットを敷いているところ。マットはヤシ繊維でできており、自然分解する。
高温殺菌されており、下界からへんなものを持ち込まないよう配慮されている。

ウラシマツツジ紅葉
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ウラシマツツジの紅葉が進んでいた。後方は中岳。


敷設完了
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
こちらは、天狗荘裏の施工地。作業が完了した状況。
参加者は複数年の経験者が多いので、仕事が早い。

千畳敷へ下山
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
お昼ごはんを食べた後、千畳敷へ下山した。
八丁坂を下る一行。

ガス巻く岩の下を行く
E-1 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
午後になって、カールの底は雲の中となった。

去年に続き、好天に恵まれて良かった。
参加者のみなさん、お疲れさまでした。

え?どこが仕事か良くわからないって?
裏方なので、それ以上は明かせません…。
[Mt. Kisokomagatake, SHINSHU, on September 14, 2010]

| 暮らしのあれこれ | 23:32 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

ご苦労様でした!

植生復元マット、よく見かけますが、こんな御苦労があるのですね。
貴重なレポを拝見させて頂きました。
シカ害などよく話題になりますが、人も自然にとってはどうなのか?
難しい問題ですねぇ~

| むらしげ | 2010/09/18 20:03 | URL | ≫ EDIT

Re: ご苦労様でした!

>むらしげさん
たまにはこんな話題も良いかと、ご紹介しました。
このようなことに関わっていると、人が改変してしまった自然を元に戻すことがどれだけ大変なことか、とてもよくわかります。
まぁ、だからと言って山へ行くのを止めようとは決して思いませんが(笑)、なるべくインパクトの小さい山歩きを心がけたいものです。

| itadori | 2010/09/20 23:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/744-0827b2a5

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。