スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

明科・御宝田遊水池の白鳥

今日は祝日ながら、仕事で半日明科へ。
終わっての帰り道、白鳥で有名な犀川の御宝田遊水池に立ち寄った。
すでに山へ日が入って薄暗くなり始めていたが、E-5で動くものがどのように撮れるのかを試したいと思い、しばし撮影を試みた。

夕暮れの遊水池
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
暮れなずむ遊水池。


レンズは、ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWDを使用した。
この組み合わせ、率直な印象としてピントの合焦が非常に早くかつ正確だった。
白鳥を含め、鳥全般の撮影は慣れていない。なので動きが読めず、飛んでいる個体に対してとっさにカメラを向けるという場面が多かったが、まるで対象に吸い付くように、面白いくらいピントが合った。

まぁ、今どきの普通のカメラでは当たり前の性能なのかも知れないが、これまでAFカメラはE-1しか使ってこなかった自分にとっては非常に新鮮だった。
といいつつ、絵的に今ひとつなのが多く、ここでは紹介しない…。

くつろぐ白鳥たち
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
がやがやと群れる白鳥たち。

山を背に
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
山を背に、降下する。

飛翔のシルエット
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
飛翔のシルエット。

大滝山をバックに
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
大滝山をバックに。


動く被写体を捉える練習に、白鳥は最適だと思った(白鳥好きの方、スミマセン)。
しかしのめり込むと、テレコンか何かが欲しくなりそう…。
[Akashina, Azumino, SHINSHU, on January 10, 2011]

| 風景 | 23:47 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/790-6971c90c

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。