スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ささやかな開墾

この週末、引越以来の念願の一つであった、庭への畑づくりを敢行した。
わずか一坪と少しの、実にささやかな畑である。

鍬を入れる
E-P1 /M.ZUIKO Digital ED 14-42/3.5-5.6
草だらけの庭に鍬を入れる。うんしょ、うんしょ…。


この地に引っ越してきて早3年。
庭も整えたいと思いつつ、なかなか手を入れることができないでいる。
今年もすでに草だらけとなりつつあったが、少しでも野菜づくりをしたいと考え、庭の一部を開墾することにした。

鍬を入れてみると、草の根と石ころだらけで、わずかな面積といえどもなかなか手強い。
掘り返してできるだけ石を取り除き、枠を板で囲って基盤をつくり、ホームセンターで買ってきた堆肥や土を入れて、土日の正味1日半ほどでそれらしい畑ができあがった。

本来であれば土を混ぜて一週間くらいは置くべきなのだろうが、苗を植えるには時期が遅くなりつつあるので、すぐに定植してしまった。
ちなみに植えたものは、トマト、キュウリ、ニラ、二十日大根、春菊。
まだ空きスペースがあるので、大豆などもう少し増やす予定。
まぁ今年はお試しということで…。

開墾前
E-P1 /M.ZUIKO Digital ED 14-42/3.5-5.6
開墾前。地面は草で覆われた状態。

基盤が完成
E-P1 /M.ZUIKO Digital ED 14-42/3.5-5.6
基盤ができあがったところ。石は取っても取り切れない。扇状地だから仕方ないか。
枠に用いた板は、みそ造り用の桶に使われていたもの。だいぶ前にいただいてあった。

賑やかに種まき
E-P1 /M.ZUIKO Digital ED 14-42/3.5-5.6
苗を植え、種をまく。おもしろがって近所の子どもたちも集まり、賑やかな作業となった。
[Hotaka, Azumino, SHINSHU, on May 14-15, 2011]

| 暮らしのあれこれ | 22:22 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/824-41770050

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。