スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

息子と初の山登り

前回もだいぶあいたのに、今回はひと月以上ごぶさたしてしまいました。
ほんと、スミマセン…。

さて、三連休の中日(9/25)、一番上の息子と初めての本格的な山登りをした。
行き先は美ヶ原。もちろん下から歩いて登る道を選び、三城を起点にダテ河原コースを登って王ヶ鼻へ至り、王ヶ頭と台上を経由して塩クレ場から百曲を下るという周回コースをとった。

松本平を眺める
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
王ヶ鼻直下にて。初めて自分の足で登った思いは…。


一番上の息子は、今年小学一年生。
野外主体の保育で野山を歩き慣れていること、春から毎日片道30~40分かけて通学していることから、長時間歩くことには慣れている様子だった。
以前から山登りをしたがっていて、最初はどこにしようかと考えた結果が今回の美ヶ原登山だった。
眺めもいいし、変化に富んでいるし、牧場もあるしということで選択した。

自分自身、よく考えてみると美ヶ原に歩いて登ったのは、学生時代のサークル(山ではない混声合唱)の夜間登山として、大学から王ヶ鼻を経て美しの塔までてくてく歩いたことしかなかった。その時のコースは、桜清水から石切場を経て王ヶ鼻というコースで、今回のダテ河原コース、百曲コースとも初めて歩いた。

【コースタイム】歩行時間:7:41
 三城(7:15)→ダテ河原登山口(7:30)→林道出合(7:56-8:07)→1,830m付近(8:50-9:02)→八丁ダルミ分岐(9:57-10:05)→王ヶ鼻(10:20-11:25)→王ヶ頭(11:42)→ホテル下(11:50-12:05)→塩クレ場(12:40-13:00)→百曲分岐(13:24)→広木場(14:20-14:30)→三城(14:56)

登山口にて
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
登りは、ダテ河原コース。るんるん気分の登山口。

カラマツ林を行く
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
いきなり急登が続いた後、しばらくカラマツ林の林道を歩く。目指す台上が上方に…。


中アが見える
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
登るにつれて、視界が開けていく。まず中央アルプス、おなじみ宝剣岳や木曽駒が見えてきた。

王ヶ鼻までもう少し
E-5 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
石切場コースとの分岐点。ここからの水平道がやや長かった。

王ヶ鼻からの眺め
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
王ヶ鼻に到着。大パノラマをものにした。

王ヶ鼻の石仏
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
王ヶ鼻の石仏。王ヶ鼻は自分の好きな場所でもある。


槍と常念
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
槍ヶ岳とその手前に常念岳。常念岳、今年はまだ登っていない。

富士山
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
富士山もよく見えていた。

王ヶ鼻から南方向の眺め
E-5 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
王ヶ鼻から南方向の眺め。八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスが一望に。

頂上に立つ
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
王ヶ鼻から王ヶ頭へ。実は、頂上に立つのは3回目。
もっとも、1・2回目は赤ん坊でしかも雪のある季節…。

台上を駆ける
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
のびやかな台上、思わず走りたくなるらしい。
将来、トレイルランでもやるのだろうか?

青空
E-5 /ZUIKO Digital ED 7-14/4.0
抜けるような青空。塩クレ場にて。

槍と牛
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
牛と槍ヶ岳。

荒船山と牛
E-5 /ZUIKO Digital ED 50-200/2.8-3.5 SWD
牛が放牧されている美ヶ原はいつものどかな雰囲気。
後方は、見る人が見るとわかる、荒船山。

八ヶ岳と牛
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
こちらは、牛と八ヶ岳。

下りは百曲へ
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
下りは百曲コースをとった。急な下りが始まるあたり。

ゴール!
E-5 /ZUIKO Digital 14-54/2.8-3.5
ゴールの三城へ到着!
どうだった?と聞くと「もう一回歩ける」との頼もしい返事。

全行程7時間45分、少々イヤになりかけた場面もあったが、よく歩いたものだ。
これならば、テントを担いで蝶ヶ岳や常念岳にも行けそうだ。来年の楽しみにしよう。
[Utsukushigahara, Matsumoto, SHINSHU, on September 25, 2011]

| 山行 | 22:10 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをどうぞ!

美ヶ原

いやー、すばらしい眺めだったのですねー。
牛と槍が岳の2ショットは、初めて見ました。
?くんが、とても頼もしく見えます。
がんばったね。

| アイスバーグ | 2011/10/12 11:00 | URL | ≫ EDIT

Re: 美ヶ原

>アイスバーグさん
思ったよりも、しっかり歩けました。
これなら、蝶ヶ岳や常念にも行けるかな?
今回のコースは、本格的な山歩きと変化に富んだ風景が見られるので、1日のコースにしては充実感が大きいと思います。
機会がありましたら、ぜひ!

| itadori | 2011/10/12 23:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorakumokaze.blog89.fc2.com/tb.php/853-74dd18ee

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。